福岡・壱岐・対馬を結ぶ"壱岐・対馬フェリー株式会社" お客様の安心と満足を送り届けます

沿革

会社案内

会社沿革

明治40年 創業者 真崎鉄一 台湾に渡り煉瓦窯を築造
明治44年 帰郷、佐賀県千歳村にて煉瓦を製造開始
大正10年 瓦の販路拡大の為、帆船倉福丸&機帆船八幡丸を購入し海運業を開始
昭和11年 大川 ⇔ 釜山間に城島瓦を輸送販売(当時機帆船保有隻数4隻)
昭和15年 真崎組造船所設立
昭和18年 国家へ徴用船として物資輸送に(3隻従事)
昭和23年 3隻の徴用船のうち、2隻が蝕雷にて沈没。国より甲16号・甲18号(スチームエンジン)付2隻を譲り受ける
昭和23年05月 大川海運株式会社設立、 資本金300万円
昭和25年04月 株式会社真崎商店として大川海運株式会社福江出張所から独立
昭和29年10月 九州運輸局 木船運送事業 《登録 九海第100号》
昭和36年07月 大川海運株式会社を大川海運物産株式会社に商号変更
昭和38年04月 長崎県平戸市に丸真セメント工業所有限会社(現在大川テクノ有限会社)設立
昭和38年06月 鋼船160T積み貨物船”大菊丸”を新船建造
昭和39年04月 土木部門、大川港湾土木株式会社(現在株式会社大川建設工業)として分離独立
昭和44年12月 壱岐支店 生コン部分離、有限会社大川セメント工業所(現在株式会社オーカワ)を設立
昭和46年09月 進宝丸”を購入、徳山曹達株式会社(現在の株式会社トクヤマ)のセメント海上輸送を開始
昭和52年11月 セメント運搬船”きく丸”320T積みを新船建造
昭和54年10月 セメント運搬船”やす丸”520T積みを新船建造
昭和55年11月 セメント運搬船”ふじ丸”420T積みを新船建造
昭和58年10月 伊藤忠燃料株式会社(現、伊藤忠エネクス株式会社)のアスファルト輸送を目的に多目的RORO船”だいしん丸”を新船建造 壱岐、対馬、福江にアスファルト受入基地を建設
昭和63年02月 博多⇔壱岐⇔対馬間に”フェリーやまと”を新船建造就航(1,026GT・貨物保護、横揺れ対策として減揺装置フィンスタビライザー装備)
昭和63年05月 壱岐と対馬へ朝刊輸送開始(それまで朝刊は昼過ぎに宅配されていた)
平成03年09月 本社屋(旧三潴銀行本店)現在は大川市文化財に指定を受ける
平成07年02月 ”フェリーつばさ”(1,585GT)就航、阪神・淡路大震災が発生。連合会の要請でボランティア要員100名を乗船させ自転車5,000台を搭載し、東京芝浦⇔神戸へ処女航海後、目的航路の博多⇔壱岐⇔対馬間へ就航
平成12年06月 本社所在地を大川市より福岡市中央区に移転
平成12年11月 セメント船”あすなろ”500T積みを新船建造
平成13年02月 大川旧本社屋(旧三潴銀行社屋)をイベントホールに改装
平成16年11月 ”福岡⇔対馬間”の郵便物(日本郵政)の輸送を開始
平成17年03月 福岡県より国民保護法における指定地方公共機関の指定を受ける
平成18年07月 創業100周年を期に社名を 壱岐・対馬フェリー株式会社 に変更
平成20年11月 ”フェリーやまと”をフィリピンに売却
平成25年05月 福岡県より国民保護方における指定地方公共機関の指定を受ける
平成26年07月 本店を長崎県壱岐市芦辺町箱崎大左右触へ移転
平成27年03月 長崎県より国民保護法における指定地方公共機関の指定を受ける
平成28年05月 長崎県佐世保市からの要請で、宇和島への危険物(ガソリンローリー・家庭用プロパン)の輸送を開始する
平成28年12月 博多⇔対馬間 に”みかさ”(671GT)を就航する
PAGETOP
Copyright © 壱岐・対馬フェリー株式会社 All Rights Reserved.